古衣裳を新しく使おう。和創工房 京乃彩

ご相談・お問い合わせ 電話番号:0771-72-0309

ストーリー

  1. TOP
  2. ストーリー
  3. 振袖 MAI

想いを伝えていくこと

古いものを新しく。着物に秘められた想いを現代風にアレンジして、紡ぎます。

  • 振袖 MAI
  • 振袖 MAI
振袖 MAIのストーリー

おばあちゃんが買ったお母さんが着た振袖を成人式に着ました。黒の刺繍衿や黒いレースやピンクの重ね衿も、キョウコ先生がオリジナルで作ってくれて、大変うれしかったです。MAIらしいコーディネイトで、おばあちゃんもびっくりしてました!

結婚式も、絶対キョウコ先生にお願いしようと思ってます。

 

【キョウコセンセからのワンポイント】
MAIちゃんは、はっきりした現代っ子で、一つ上の振袖TOMOKOちゃんとは対照的で、白い衿より黒衿でした(笑)

お母さんが着た時代のもので地色のブルーがややヤケていて、直すとお金がかかるので黒い衿や重ね衿や帯揚げで、”錯覚的”にブルーの色をキレイに見せる裏技を使いました。
【誰よりも目立ちたい】との希望だったので、志古貴(しごき。紫の腰のリボン)や、モダンな黒の四段草履をコーディネイトしました。「MAIが一番やった!ありがとう」と報告に。おばあ様からお赤飯を頂きました。ご馳走様でした。

ストーリー一覧へ