古衣裳を新しく使おう。和創工房 京乃彩

ご相談・お問い合わせ 電話番号:0771-72-0309

ストーリー

  1. TOP
  2. ストーリー
  3. 男羽織 SATOSHI

想いを伝えていくこと

古いものを新しく。着物に秘められた想いを現代風にアレンジして、紡ぎます。

  • 男羽織 SATOSHI
  • 男羽織 SATOSHI
  • 男羽織 SATOSHI
男羽織 SATOSHIのストーリー

まじできょーこ先生に頼んでよかったと思ってます!!
一生に一回の晴れ舞台に、あんないい思いができたんもきょーこ先生のおかげです!
出会いに感謝です!!

【キョウコセンセのこだわりワンポイント】
お兄さんの成人式も支度させていただき、白地に炎の柄の「不動明王」という柄だったので、兄弟色違いを着せたかったが似合わず(笑)。
「一番目立ちたい」とのことで、翡翠緑の唐織の花嫁衣裳の打掛リメイクの男羽織を。
お兄さんと同じ白地市松の着物を中に着せ、エメラルドグリーンの伊達衿を誂えました。
黒いファーをひっさげた晴れ姿は、インタビューを受けて地元テレビに放映されました。

ストーリー一覧へ