古衣裳を新しく使おう。和創工房 京乃彩

ご相談・お問い合わせ 電話番号:0771-72-0309

ストーリー

  1. TOP
  2. ストーリー
  3. 男羽織 SHOUYA

想いを伝えていくこと

古いものを新しく。着物に秘められた想いを現代風にアレンジして、紡ぎます。

  • 男羽織 SHOUYA
  • 男羽織 SHOUYA
  • 男羽織 SHOUYA
男羽織 SHOUYAのストーリー

「思ってることをしっかり出来て、アドバイスも もらってイメージ以上にいい感じに出来て良かったです。お父さんの衣裳を継いで自分なりのコーディネートのものを着れて、いい思い出になりました。」

【キョウコセンセのこだわりワンポイント】

お父様の黒紋付羽織と着物(黒)を持ち込んだ翔也。

お父様もお爺様のこの衣裳を着られたのでしょう。

こうして、その家に産まれた男子が脈々と受け継いで纏う(まとう)事はとても素晴らしいことです。

切れ長の目が美しい歌舞伎役者のような顔立ちの彼には、黒の無地の羽織でも

かえって同級生の唐織羽織に引けを取らないシックさで凛々しいのですが、

将来結婚式の際には、羽織とお揃いの黒の着物に縞(しま)の袴を着ることになるので

成人式には、中に白の着物を、袴は黒地に金の雲龍を提案しました。

彼のためにブラックゴールドの伊達衿を作りました。

コーディネートの感度も抜群で盛り上がりました。

美人で世話好きなお姉ちゃんも来ていて、一緒に御写真を撮りました。

姉弟仲良くて素敵ですね!!

ストーリー一覧へ