古衣裳を新しく使おう。和創工房 京乃彩

ご相談・お問い合わせ 電話番号:0771-72-0309

ストーリー

  1. TOP
  2. ストーリー
  3. 卒業袴 KOKORO

想いを伝えていくこと

古いものを新しく。着物に秘められた想いを現代風にアレンジして、紡ぎます。

  • 卒業袴 KOKORO
  • 卒業袴 KOKORO
卒業袴 KOKOROのストーリー

「お世話になりました。

新型コロナウイルス感染症が流行する中、卒業式が中止となりましたが、

先生の御蔭で素晴らしい思い出を残すことが出来ました。

又の機会、着物を着るような事があればお願いします。有難うございました。」

【キョウコセンセのこだわりワンポイント】

お母さんの若い頃の着物を数枚持って来房。

その中でこころちゃんにピッタシ!のピーチピンクの色無地がありました。

正式に言うと袖が呉服の丈で(一尺三寸)

袴に合わせる二尺袖ではないけれど

「お母さんの着物を着たい」という気持ちを大事にしました。

上が無地なら下は柄(がら)というセオリーにこだわらず、

アイボリーの無地の袴を合わせました。

紐(ひも)はcustomize(花柄)。

「せっかくステキにコーディネートしてもらったので写真だけでも」との想いに

母校の大学付近で撮りました。

長身を生かしブーツバージョンも素敵でした。

式が中止になったからといってあきらめず、

二度と戻らない日を記録として留め置くという”心”

名前の通り素晴らしい。

後日、お手紙と素敵なタオル、お母さんから届きました。ありがとう。

ストーリー一覧へ